妊娠中期以降も

錠剤

貧血防止や母乳のために

葉酸サプリは、赤ちゃんの先天性の奇形を防ぐために、妊娠初期に飲むことが大事とされています。飲めば、葉酸不足による無脳症などの神経管閉鎖障害のリスクを低下させることができるのです。しかし妊娠初期を過ぎ、赤ちゃんの神経管がしっかりと完成した妊娠中期以降も、葉酸サプリを飲み続けることが大事です。なぜなら葉酸は、神経管だけでなく、質の良い血液を作るためにも必要な栄養分だからです。妊娠中期以降は、赤ちゃんの体がどんどん大きくなるので、その分母体では十分な栄養補給が必要となります。そして母体の栄養分は、血液によって赤ちゃんに運ばれます。したがって効率良く栄養分を届けるためには、葉酸サプリで血液の質を良くしておくことが大事と言えるのです。また、赤ちゃんへの栄養補給に血液が多く使われることから、母体では貧血が起こりやすくなります。それを防ぐためにも、葉酸サプリは役立ちます。さらに近年では、出産後にも葉酸サプリを飲み続けるという女性が増えています。葉酸を十分に摂取していれば、それだけ良質な血液が増えることで、母乳が出やすくなるからです。赤ちゃんにとって母乳は、栄養補給だけでなく免疫力を高めるため、そして母親とのスキンシップのためにも大事な存在です。しかし現在では、生活習慣や食生活の乱れから、母乳が出にくい女性が増えています。それが赤ちゃんの健やかな成長の妨げとなる可能性もあることから、多くの女性が母乳のために、出産後も葉酸サプリを飲んでいるのです。

Copyright© 2017 All Rights Reserved.