体外受精の妊娠率向上に|不妊症の悩みは不妊鍼灸で解決!【卵巣の機能がアップ】

体外受精の妊娠率向上に

鍼灸

男女の産み分けは禁止

せっかく妊娠したのに流産してしまうというのは夫婦にとって辛く悲しいものです。もしかしたら自分が悪いのではと考えてしまう夫婦が多いのですが、実は夫婦ともに体に全く異常がなくても一定の割合て流産してしまうことがあるのです。その原因は受精卵の染色体異常にあり、それほど珍しいことではありません。それでも流産というのは辛く悲しいのは間違いありませんので、そういった事態を避けるために行われることがあるのが着床前診断です。着床前診断は基本的に体外受精とセットで行われるもので、事前に正常な受精卵であるかどうかを判別することで体外受精での妊娠率を上げると共に流産してしまうのを避けることが出来るのです。一回の体外受精でもかなりの費用と時間がかかってしまうため、出来る限り妊娠率を上げるために行われることが増えてきているのです。そんな着床前診断ですが男女の産み分けも出来るのではと気になる方もいるでしょう。せっかくだから男の子や女の子が欲しいという人もいますが、実は男女の産み分けに関しては注意点があります。着床前診断による男女の産み分けに関しては技術的には可能となっていますが、日本産婦人科学会では命の取捨選択になってしまうということで男女の産み分けを目的とした着床前診断は禁止となっているのです。日本で行う場合にはあくまでも体外受精での妊娠率を上げるためや、妊娠後の流産の危険性を減らすための方法となっているのです。

Copyright© 2017 不妊症の悩みは不妊鍼灸で解決!【卵巣の機能がアップ】 All Rights Reserved.